4月と5月にベランダに来た虫たち

スペアミント ハーブ・果樹
スペアミント

ベランダで園芸をしていても、虫たちが来ることがあります。益虫もあれば、害虫もいます。

冬よりも、気温が上がってきた春から秋にかけて虫たちも活発になります。

ベランダだと、お庭や畑よりやって来る虫の数も種類も少ないと思います。

今回は、4月と5月に見た虫たちをまとめたいと思います。

アブラムシ

小松菜のアブラムシ
小松菜のアブラムシ

5月になってから、小松菜とチンゲン菜にアブラムシがつきました。葉物野菜にはアブラムシがつきやすいです。

ほかの植物には1、2匹ついたところを見たこともありますが、気がついて駆除したらその後はいなくなりました。

いずれにしても、早めに駆除すると被害を少なくできます。

関連記事

5月の小松菜とチンゲン菜はアブラムシがつきやすい

アブラムシがついてしまった時の対策

ハダニ

4月頃から、ローズマリーにハダニがいました。

ハダニ
ハダニ

毎日チェックして、少しずつ捕殺したら、5月中旬頃にはほとんど見かけなくなりました。

気温が上がり、乾燥気味だとハダニが増えやすいので、今後も注意していきたいと思います。

これまでに、シソ科やローズマリー、ハイビスカスなどにハダニがついたことがあります。

関連記事

ローズマリーが茂ってきたらハダニに注意

マリーゴールドのハダニ対策

ハイビスカスがハダニなどの害虫被害に遭っているサイン

カメムシ

カメムシ
カメムシ

5月に、ベランダでカメムシを一匹見ました。

パイナップルを狙っていたと予想しています。昨年パイナップルの葉の汁を吸われました。

あるいは、パプリカ苗を狙ったかもしれませんが、早めに見つけて捕まえました。

関連記事

パイナップルの成長記録②

てんとう虫

ベランダではなく、4月にスーパーで買ったキャベツに潜んでいました。

テントウムシ
テントウムシダマシ?

珍しい黄色いテントウムシです。自宅で園芸をしなくても、虫に出会うことがありますね。以前見たキイロテントウとは色味と模様が違うので、テントウムシダマシという別の種類かもしれません。

テントウムシダマシは、アブラムシではなくて葉を食べてしまう害虫です。

テントウムシダマシの中には、ニジュウヤホシテントウという種類があり、背中に28個の黒い紋をもつのが特徴です。

今回見たのは、きっとテントウムシダマシの方だと思います。

関連記事

キイロテントウとナミテントウがやって来た
朝、ベランダに出て水やりをしているとき、ハイビスカスの葉っぱの裏に黄色い虫がいるのを見つけました。カメムシを見た後だったので、また別の害虫だと思ったのですが、虫の種類が分からず気になっていました。とりあえず写真に収めてから、ベランダの外に逃しました。2日後、てんとう虫を見つ...

芋虫

4月、スペアミントに芋虫がいました。

スペアミント
スペアミント

香りの強い植物ですが、芋虫に食べられることもあるようです。

早めに捕まえたので、その後はスペアミントに芋虫を見ていません。

関連記事

スペアミントは脇芽が出てどんどん増える

コバエ

土の近くでコバエを見ました。増殖は今のところしていないようです。

土の表面に赤玉土を敷いて、コバエが卵を産むのを予防して対策しています。

ミツバチ?

写真はありませんが、ミツバチらしい虫を一度見ました。

受粉を助けてくれるので、刺されないように気をつけながら、そっと見守ります。

アゲハチョウの幼虫

アゲハチョウの幼虫
アゲハチョウの幼虫

5月になってから、アゲハチョウの幼虫を見つけました。

脱皮して、少しずつ大きくなってきました。

二匹だけなので、駆除せずにそのままにしています。

アゲハチョウの関連記事

アゲハチョウの幼虫を発見
柑橘系の植物には、アゲハチョウが卵を産んで、幼虫に葉っぱをかじられることがよくあります。今年(2022年)より、柑橘系の鉢植えを育てているのですが、5月にアゲハチョウの幼虫を発見しました。観察を始めてから11日間(5/10〜5/21)のうちに、みるみるうちに幼虫が大きくなってきまし...

アゲハチョウの幼虫が緑色(5齢幼虫)になってからの成長記録

アゲハチョウの幼虫の蛹化の成功と失敗

まとめ

ベランダ菜園の場合、大きな虫の被害はわりと少ないと思いますが、いろんな虫が来ることがあります。

2か月の間に何種類もの虫を見ましたが、毎日ベランダでチェックしなければ、知らない間に来てはまた飛んで行っているかもしれませんね。

カメムシも、一匹だけなら、こわくありませんでした。

ただし、アブラムシとハダニはベランダにもしっかり来るので、対策をしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました