観葉植物

観葉植物

オリヅルランの根は思っていたより太い

オリヅルランの植え替えをしたとき、鉢から抜いてみたら根が想像以上に太くて驚きました。 根にしっかり水分を蓄えて、乾燥にも耐えられるようになっています。逆に、水をやりすぎると根腐れしやすいようです。 購入してから最初の植え替えのとき、オリヅルランの根を見てみたら、怖いくらい根がぎっしりで...
観葉植物

レモンユーカリの育て方

レモンユーカリはユーカリの仲間で、オーストリア原産のフトモモ科の植物です。 レモンユーカリは、木ですが、葉っぱからレモンのような香りがするので、園芸店のハーブ類の近くに苗が並んでいることもあります。 このレモンのような香りは、虫除けになるということで、アロマを使った虫除けスプレーなどに...
観葉植物

フィカス・リラータ(カシワバゴムノキ)の新芽

カシワバゴムノキは、柏の葉に似ていることが名前の由来になっているそうです。学名は、フィカス・リラータです。 英名では、Fiddle leaf figといわれ、葉がバイオリンの形に似ていることが由来になっています。fiddle(フィドル)というのは、バイオリンのことで、fig(フィグ)はイチジ...
花と野菜

パイナップルの成長記録

パイナップルの果実の上についている冠芽の部分を植えると、やがて根が出て生長して大きくなり、順調に育つと2、3年後には実をつけます。 パイナップルを食べる際に、捨てる部分である冠芽(別称クラウン)を使えるので、始めやすいですね。 葉っぱの部分の根元をつかんでねじると、きれいに外れます。 ...
観葉植物

初めてのフィカス・ベンガレンシス購入

インテリアグリーンの種類は沢山あるのですが、最近気になっていたのがフィカス・ベンガレンシスです。 大きめの葉っぱで、存在感があります。 おしゃれなお店や部屋のインテリアとして、ベンガレンシスの木が飾られていることがよくあります。また、テレビなどを観ていると、登場人物の部屋やオフィスなど...
観葉植物

アイビーを揷し木で増やす方法

アイビーは、挿し木したり、水挿しといって水栽培でも育てやすい植物です。 伸びてきたつるを切って、挿し木すると、アイビーを増やすことができます。アイビーは丈夫で、いろんな場所に順応できるので、ちょっとしたスペースにも飾りやすくておすすめです。 アイビーの挿し木の方法 【挿し木の手順...
ハイビスカス

挿し木が成功したかどうやってわかるか

挿し木したものが、発根して生長できているか、土の中は見えないので気になりますね。 植物の種類や気温などの条件にもよりますが、早ければ1週間で発根し始めるものもあり、1ヶ月くらいで根が伸びたり新芽が出て挿し木の成功がわかることが多いです。 ゆっくりペースで生長する植物だと、根の伸びや新芽...
花と野菜

パイナップルのクラウン挿しの方法

スーパーで売っているパイナップルの葉っぱの部分(クラウン)を植えて育てると、生長してやがて2、3年後にパイナップルの果実をつけると言われています。 ふつうに食べたあと、捨てる部分のパイナップルの葉っぱを使えるので、入手しやすいことも利点ですね。 (関連:パイナップルの切り方) パ...
観葉植物

アイビーに液肥をあげたら葉のツヤが良くなった

アイビーの苗を植え替えて2週間ほど経ってから液肥をあげたら、新しい葉っぱがすごくツヤツヤになりました。 新しい葉っぱは、たいていツヤツヤしているものですが、肥料を与えたあとは、さらにツヤが増していました。 下の写真を撮影する2日前に、液体肥料(ハイポネックス)を2,000倍に希釈して1...
タイトルとURLをコピーしました