7月にベランダで咲いた花

ハイビスカス 草花
ハイビスカス

7月になって、植物が一段と大きくなってきました。そろそろ、夏の花が咲いてきています。四季咲きのミニバラは、7月始めに花を咲かせましたが、そろそろつぼみもなくなり、夏越しに備える時期になってきています。

真夏の猛暑になると花が少なくなったりするので、6月〜7月前半の時期の方が花がつきやすいです。

ハイビスカス

ハイビスカス
ハイビスカス(2022年7月1日)

夏らしい花です。早めに梅雨明けして急に暑くなった頃、古い葉が黄色くなっていったので、取り除きました。

ハダニも出てきました。見つけたらハダニは指でつぶすようにしています。予防には葉水が効果があります。

ちょうど6月から7月にかけて、ハイビスカスの花が毎日〜2日に一回くらいの頻度で咲きました。

ハイビスカス
ハイビスカス(2022年7月1日)

35℃以上の暑さになってくると、急に花つきが悪くなったりするので、7月中頃から花が少なくなってきています。

夏を上手に越せると、秋にも花が咲くと思います。

※ 関連記事

 ハイビスカスの葉が黄色くなる原因

 ハイビスカスがハダニなどの害虫被害に遭っているサイン

ミニバラ(グリーンアイス)

グリーンアイス
グリーンアイス(2022年7月1日)

そろそろつぼみもなくなったので、これからしばらくはお花はお休みになりそうです。

夏には、少し剪定しておくと良いそうです。

花を積むときに、ミニコップに生けれるように少し枝をつけて切ったのを剪定としました。

秋にも花を咲かせてくれたらいいな、と思います。

※ 関連記事

 ミニバラのグリーンアイスは病害虫に強くて育てやすい

ミニバラ(プリンセス・オブ・インフィニティ)

プリンセス・オブ・インフィニティ
プリンセス・オブ・インフィニティ(2022年7月1日)

うどんこ病、アブラムシ、ハダニがついたりして、葉っぱをだいぶ切ったりしましたが、また新たな葉を出してくれて、花が咲きました。

葉っぱを減らしたことで、風通しが良くなったことも良かったと思います。

プリンセス・オブ・インフィニティは、ミニバラの中でも大きめの花がつき、ほのかにいい香りがします。

きれいなピンク色で、花持ちも良いので、花を楽しむのにとってもおすすの品種です。

ミニトマト

ミニトマト
ミニトマト(2022年7月8日)

次々と、ミニトマトの花が咲いています。先月に咲いた花のあと、実が大きくなってきています。まだ青いですが、7月中に赤くなるか楽しみです。

全体的に、草丈も大きくなってきています。

大きめの(7〜8号)鉢に植えていてよかったです。

関連記事

ミニトマトの種から苗に生長するまで

野菜を大きく育てるには土の量と間引きも大切

ラベンダー

ラベンダー
ラベンダー(2022年7月17日)

ラベンダーの花も咲きました。写真には、シーズン最後になりそうな花のつぼみが一つ残っています。新しい脇芽は葉っぱがほとんどなので、花の時期はそろそろ終わりに近づいています。

花が終わったあと、脇芽がたくさん出てきました。

ラベンダーの開花期間は、5〜7月が目安なので、7月の中頃からは葉っぱのみになりますが、元気に夏越しできるように大事にしたいと思います。

※ 関連記事

 ラベンダーの苗の育て方のポイント

 ラベンダーのハダニ対策

 ラベンダーの挿し木の方法

マツバボタン

マツバボタン
マツバボタン(2022年7月2日)

マツバボタンも元気に花を咲かせました。

色鮮やかで、元気が出る色です。茎結構伸びるので、適宜切り戻すとバランスが良くなると思います。

※ 関連記事

 6月にベランダで咲いた花

 5月にベランダで咲いた花

 4月にベランダで咲いた花

 観葉植物をベランダに置くときに気をつけること

コメント

タイトルとURLをコピーしました