ベンジャミンの挿し木の1年後

ベンジャミン 観葉植物
ベンジャミン

1年前に剪定した枝から挿し木したベンジャミンが、順調に育っています。

最初の頃は、なかなか大きくならないと思っていましたが、春から夏にかけて勢いよく伸びてきました。

大きくなってくると、分かれたそれぞれの枝から新しい葉が出ていくので、繁っていくスピードが増します。

今回は、挿し木したベンジャミンについて書きたいと思います。

ベンジャミンの基本情報

学名:Ficus benjamina

和名: シダレガジュマル

科名: クワ科

属名: イチジク属

原産地: インドから東南アジアにかけての地域

生長記録(1年目)

挿し木した枝は、このくらいの大きさで、剪定した中でも大きな枝を何本か選び、下の方の葉を落として挿し穂にしました。

【8月に挿し木した枝】

ベンジャミン
ベンジャミン

水栽培して発根してから土に植えて育てました。

【3月時点での様子(挿し木後7か月)】

ベンジャミン
ベンジャミン

春になって新芽が出てきました。日中はベランダに出して光がよく当たるようにしました。

【6月頃の様子(挿し木後10か月)】

ベンジャミン
ベンジャミン

6月になると、ひと回り大きくなったように感じます。

【8月の様子(挿し木後1年)】

ベンジャミン
ベンジャミン

支柱を立てて、中心となる幹をまっすぐにしました。6月から2回りほど大きくなったように感じます。幹も、太くなって木らしくなってきました。

3本まとめて植えた挿し木の場合(1年目)

同じ時期に、3本まとめて一つの鉢に挿し木しました。こちらも、よく生長しています。

【3月時点(挿し木後7か月)】

ベンジャミン
ベンジャミン

【6月頃(挿し木後10か月)】

ベンジャミン
ベンジャミン

【8月頃(挿し木後1年)】

ベンジャミン
ベンジャミン

一年でここまで成長するとは予想していませんでした。三つ編みのようにねじることもできそうですが、今回はこのまま自然な樹形で育ててみようと思っています。

ベンジャミンの水やりと日当たり

土の表面が乾いてから、たっぷりと水をやり、鉢底から流れてきた水は受け皿にためずに捨てるようにします。

気温が上がってくると、土が乾くのが早くなるので、水やりの頻度が上がります。

日当たりの良いところを好みます。

春から初夏にかけてベランダでも育てられます

春から、ベランダで育てることもできます。急に直射日光に当てると葉焼けしやすいので、最初は午前中だけ出したりして徐々に慣らしていくと、順応しやすいです。

また、春先は夜間に気温が下がること多いので、夜は室内に取り込むようにします。

真夏は日差しが強いので、室内で育てると良いと思います。

風通しの良い場所に置くと生育が良くなります。

室内では、エアコンの風が直接当たらないところに置きましょう。風通しをよくしたいときには、サーキュレーターで空気を循環させる方が良いです。

窓を少し開けて自然の風が入ってくる感じにしても良いですね。強風のときには、植木鉢が倒れないように気をつけましょう。

関連記事

観葉植物をベランダに置くときに気をつけること
観葉植物は、基本的に日当たりの良い室内で育てることが多いですが、気温や日差しなどに気をつければベランダに置いても大丈夫な植物もあります。日光を好む植物であれば、ベランダで日差しを浴びてますます元気になることもあります。ただし、真夏に急に直射日光を当てると葉焼けして一気にしおれてしまうことも...

肥料の与え方

ベンジャミンは、肥料がなくてもそれなりに育ちますが、肥料があると生長が早くなります。

挿し木して、しばらくは肥料なしで育て、根がしっかり生えてから肥料を始めます。

肥料は、生長期に与えます。

固形肥料や液体肥料を、規定量の範囲内で与えましょう。

生長が止まる冬期(11月〜2月くらい)には肥料やけするおそれがあるので、肥料は与えません。

暖房の効いている室内で、新芽が伸びてきているようであれば、通常よりも薄めた液肥などを与えることもできます。

ベンジャミンは挿し木しやすい

ベンジャミンなど、フィカス属(ゴムノキ)の仲間は挿し木の成功率が高く、育てやすい植物が多いです。

全部がうまくいくわけではないですが、挿し木に挑戦してみるとけっこう楽しいです。

根が生えず、枯れてしまうと残念ですが、小さな挿し木が成功して一人前の大きさに育ていくと、育てがいがあります。

予備も兼ねて何本か同時に挿し木すると安心です。

最初の1、2ヶ月は、根が生えるか気になりますが、2ヶ月枯れずにいれば、ベンジャミンの場合ほぼ挿し木成功だと思います。

挿し木の関連記事

挿し木が成功したかどうやってわかるか
挿し木したものが、発根して生長できているか、土の中は見えないので気になりますね。植物の種類や気温などの条件にもよりますが、早ければ1週間で発根し始めるものもあり、1ヶ月くらいで根が伸びたり新芽が出て挿し木の成功がわかることが多いです。ゆっくりペースで生長する植物だと、根の伸びや新芽...

まとめ

順調に生育できると、ベンジャミンはとてもよく伸びることがわかりました。

夏に挿し木すると、そのあと冬時期を迎えてほとんど伸びなくなりますが、無事に冬を越すと、春から秋にかけてかなり大きくなります。

支柱を使ったり、剪定をするなどして、樹形を格好良く整えていけたらいいな、と思っています。

※ 関連記事

 フィカス属(ゴムの木の仲間)の種類と選び方

 フィカス・ベンガレンシスを苗から育てる方法

 フィカス・リラータ(カシワバゴムノキ)の新芽と育て方

コメント

タイトルとURLをコピーしました