初めてのフィカス・ベンガレンシス購入

ベンガレンシス 観葉植物
ベンガレンシス

インテリアグリーンの種類は沢山あるのですが、最近気になっていたのがフィカス・ベンガレンシスです。

大きめの葉っぱで、存在感があります。

おしゃれなお店や部屋のインテリアとして、ベンガレンシスの木が飾られていることがよくあります。また、テレビなどを観ていると、登場人物の部屋やオフィスなどにベンガレンシスが置いてあったりします。

こんなイメージです。

インテリア
インテリア(イメージ)

大きなものや、幹がカーブしてあるものは値段も高くなりますが、まだ小さいものであれば、意外とお手頃な価格で入手できます。

今回、園芸店で小さなフィカス・ベンガレンシスを購入したので、ベンガルゴムノキの基本的な育て方について書きたいと思います。

ゴムノキ(フィカス属)の仲間

フィカス・ベンガレンシスは、フィカス属の仲間で、ゴムノキなどの一種です。ベンガルゴムノキと呼ばれることがあります。

枝を切ったり、傷つけたりすると、白い液が出てきます。かぶれる人もいるので、白い樹液には直接さわらないほうが安心です。

フィカス属には、ベンジャミン、インドゴムノキ、ガジュマル、アルテシマ、プミラなどの観葉植物として人気のある品種がたくさんあります。

ベンガレンシス
ベンガレンシス

フィカス」という品名で売っていましたが、フィカス属の中にはたくさんの種類があります。これは、葉などの特徴(大きな濃い緑色の葉で、表面に細かい毛が生えてマットな質感)からきっとフィカス・ベンガレンシスでしょう。

ベンガレンシスの見た目がカッコいい

ベンガレンシスは、丸っこい大きな葉で、濃い緑色の全体に葉脈のラインがくっきりと見えてカッコいいです。

幹や枝も、白っぽくてツルツルしていて、すっきりとしていて美しいと思います。

大きな葉っぱなので存在感があって、部屋に置いてあるとおしゃれ感が増します。

基本の水やり

土の表面が乾いてから、鉢底から滲み出るくらい水をやります。受け皿に水を溜めず、すくに捨てて根腐れしないようにします。

枯らしてしまう原因として、水やりし過ぎによる根腐れが多いらしいです。

また、よく霧吹きをして葉水をあげるようにします。葉水は毎日でも大丈夫です。

直射日光を避けつつ、日当たりの良いところに置く

明るいところを好む性質があるので、日当たりの良いところに置きます。

耐陰性もあるようなので、室内で日光の当たるような場所なら生育できますが、日当たりの良いところの方が元気に育ちます。

急に外で直射日光に当てると葉焼けすることがあるので、いきなり直射日光に当たるところに放置しないようにします。

根の生長が早い

苗ポット(3号)に入っていたので、1週間ほどしてから4号スリット鉢に植え替えました。

ベンガレンシス
ベンガレンシス(10月11日)

1週間ほどして、スリット鉢のスリットのところから、根が出てきました。こんなに早く根が伸びるのかと思うほど、根の生長が早いです。

ベンガレンシス
ベンガレンシス(10月15日)

まだ小さな木なので、どんどん生長してほしいです。

新芽はなかなか伸びない

ベンガレンシス
ベンガレンシス(11月20日)

購入から1ヶ月半になり、幹や葉など全体的にがっしりしてきたような感じはありますが、11月後半で気温が下がってきているせいなのか、新芽は伸びてきません。

室内の気温で冬にも少し伸びてくれたら嬉しいですが、春まで待たないと新しい葉が出ないかもしれないです。

もうしばらく様子を見ていきたいと思います。

フィカスの関連記事

フィカス・リラータ(カシワバゴムノキ)の新芽
カシワバゴムノキは、柏の葉に似ていることが名前の由来になっているそうです。学名は、フィカス・リラータです。英名では、Fiddle leaf figといわれ、葉がバイオリンの形に似ていることが由来になっています。fiddle(フィドル)というのは、バイオリンのことで、fig(フィグ)はイチジ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました