4月のオリーブに新芽が出てきた様子

オリーブ(ミッション) ハーブ・果樹
オリーブ(ミッション)

4月に入り、だんだんとオリーブの葉芽が膨らんでいき、少しずつ開いてきました。

春になって出てきた葉は、みずみずしく明るい緑色で、とってもきれいです。冬越しした葉と色の濃さが違うので、どこからが新芽かという違いが見た目でわかります。

2021年8月にオリーブの苗を購入して、無事に冬越しし、待ちに待った春がやってきました。

今回は、4月のオリーブの新芽の様子をお伝えしたいと思います。

剪定した枝からも新芽が出てきた

3月の時点では、まだ芽はごく小さかったです。3月初旬に伸びすぎた枝を切り戻し、枝分かれさせたい枝の先だけピンチ剪定しました。

3月に剪定した枝を挿し木してみました。

※ オリーブの挿し木の関連記事

オリーブの挿し木①失敗と再挑戦
3月頃に剪定したオリーブの挿し木は、残念ながら失敗してしまいました。全体に乾燥してしまって、枝も葉もカラカラになってしまいました。根も全く生えていませんでした。ベンジャミンやローズマリーなど、挿し木に成功してきているのですが、オリーブはけっこう難しいです。(関連:ベンジャミ...

【4月の新芽①】

オリーブ(ミッション)
オリーブ(ミッション)2022年4月14日

枝先を切ったので、残った枝から新しい葉が出てくるのか心配していましたが、4月中旬になり、しっかり期待していたところから新しい葉が生えてきています。

【4月の新芽②】

オリーブ(ミッション)
オリーブ(ミッション)2022年4月14日

小さな葉っぱはとてもかわいいです。

枝分かれして、枝先にボリュームを出して、オリーブの樹形をかっこ良くできるよう、剪定するのが目標です。

この写真は、オリーブのミッションという品種で、スリムな樹形になりやすい特徴があるそうです。

オリーブの3月の剪定直後と4月の新芽の比較

この写真↓は、3月に枝先を2本剪定した後の様子です。

【3月のオリーブ(剪定直後)】

オリーブ(ミッション)
オリーブ(ミッション)2022年3月9日

すでに枝分かれしているところはそのままにして、枝分かれしてほしいあたりで切りました。まだ小さい木なので、1ヶ所は切り戻し、もう1ヶ所はピンチ剪定して、合計2ヶ所だけ切っています。

新芽の出てきそうな位置はわかりますが、まだふくらんでいません。

こちらが、4月のオリーブ(ミッション)の全体の写真です。

【4月のオリーブ(新芽)】】

オリーブ(ミッション)
オリーブ(ミッション)2022年4月14日

すでに枝分かれしていたところは、先端の続きから新芽が伸び、剪定した枝のところは、先端の葉の脇から新芽が伸び始めています。

剪定やピンチ剪定をするときには、切ったところのすぐ下の葉のところで枝分かれすることをイメージして切ると良いですね。

本当にそこから芽が出てくるか、心配になるかもしれませんが、新芽が伸びる時期になると、わりと高い確率で新芽が出てくれると思います。

まとめ

約8ヶ月経過したオリーブですが、新しい葉がたくさん出てきて嬉しいです。

まずは、枯れずに冬を越せました。オリーブは、9月や10月の時期にも少し伸びましたが、冬はほとんど伸びません。

春から夏にかけては、オリーブが目に見えて大きくなるのを見られる時期だと思います。

まだ幹も細くて小さな木ですが、今後の生長が楽しみです。

関連記事

ベランダで育てるのにおすすめな植物
ベランダで育てやすいのは、一般的に、日当たりの良いところを好む植物や、耐寒性のある植物が向いていると思います。耐寒性があまりない多年性の植物でも、冬期は室内に移動させることで冬越しできるものもあります。住んでいる地域の気候にもよりますが、かなりたくさんの種類の植物をベランダ栽培する...

コメント

タイトルとURLをコピーしました