ハイビスカスの挿し木の方法

ハイビスカス 草花
ハイビスカス

ハイビスカスは、色鮮やかな花が咲くので、元気が出ますね。比較的丈夫な植物で、挿し木で増やすことができ、挿し木の成功率も高いです。挿し木は温かい生育期に向いています。

ハイビスカスはよく伸びるので、剪定したときの枝を挿し木してみることから始められますよ。

また、切った枝を水に挿して、水栽培でも根が生えてきます。

今回は、赤玉土に植えて挿し木する方法を試してみました。

ハイビスカスの基本情報

和名:ハイビスカス、ブッソウゲ(仏桑花)

学名:Hibiscus rosa-sinensis

科名:アオイ科

属名:フヨウ属

原産:太平洋諸島、インド洋諸島

挿し穂の準備

よく切れる清潔なハサミで枝を切ります。切り口は斜めにして、断面の面積が大きくなるようにします。枝の断面積が増えることで、水を吸い上げやすくなります。

ハイビスカス
ハイビスカス

上の方の2〜3枚の葉を残して、下の方にある葉を取ります。残した葉を半分くらいに切ります。葉っぱの数や面積を減らすことで、水分の蒸散量を少し減らすことができます。

ハイビスカス
ハイビスカス

準備ができた挿し穂の切り口をすぐに水に挿して、そのまま一晩ほど吸水させます。水分を吸収させるために短くても1、2時間は水につけたほうが良いです。

鉢に入れた赤玉土を水で湿らせ、割り箸などで穴を空けてから挿し穂を入れ、土を押さえて植えます。最後にもう一度水を全体にかけます。

ハイビスカスの挿し木
ハイビスカスの挿し木(9月2日)

挿し穂を植えたら、挿し木のセット完了です。

上手くいけば、芽が出て根が生える

しばらくは、切った枝がそのまま挿さった状態ですが、乾燥しないように水やりをしたり、霧吹きしたりしていると、芽が大きくなっていきます。

目に見えて葉が増えなくても、最初の葉が枯れずに残っていれば、まだ生きています。

あまり地上部分は変化がないように思えても、根が伸びて生長しているかもしれません。

3ヶ月ほどして、鉢底を覗いてみたら、根が伸びていました。鉢をずらしたときに根の先端が切れてしまいました。

ハイビスカスの根
ハイビスカスの根(11月27日)

新しい葉が少し大きくなってきていているものの、わずかな変化ですが、枯れずにここまできたので、今のところ挿し木成功です。

ハイビスカス
ハイビスカス(11月27日)

途中で引っ張ったり、抜いたりして傷つけて失敗することもあるので、焦らず育てるのがコツだと思います。

春になって気温が上がってきた頃、鉢に植え替える予定です。それまで室内で無事に冬越しできるといいな。

挿し木の関連記事

ハイビスカスの挿し木の難易度

挿し木して3ヶ月経ちましたが、気温が下がってきたこともあり、新しく葉っぱはごくわずか大きくなった程度で、大きな変化はありませんが、根をどんどん伸ばして着実に生長しています。

ハイビスカスはわりと丈夫なので挿し木しやすい方だと思います。

挿し木が難しい種類の植物だと、1ヶ月もしないうちにしおれたりするので、2本試して両方3ヶ月生きているところを見ると、挿し木に強いと思います。

冬は目に見えて大きくなったりしないので、春になってから生長していくのが楽しみです。

翌年3月18日

気温が少しずつ上がってきてから、芽が動き始めて葉が少し増えきました。

ハイビスカス
ハイビスカス(3月18日)

まとめ

挿し木に選ぶ枝の状態や、時期、水やり、置き場所、土の種類や量、鉢の素材や大きさなど、いろんな条件によって、成否が変わってきます。

苗を購入して一年目は、矮化剤の影響で、挿し木がうまくいかないこともあるようです。枝がグングン伸び始めてから、挿し木に挑戦した方が失敗しにくいでしょう。

ハイビスカスは、生長して枝が伸びるのが早いほうなので、まずは試しに挿し木してみると良いと思います。

ハイビスカスの関連記事

ハイビスカスの育て方

ハイビスカスの葉が黄色くなる原因

ハイビスカスの冬越しの方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました