ガーデニングに挫折してしまいやすい原因

ラベンダー 園芸全般
ラベンダー
記事内に広告が含まれています。

自宅で植物を育てるときに、枯らしてしまったり、害虫がついたりしてしまったりすると、自信を持てなくなることがあります。

始めたばかりで失敗してしまうと、苦手に感じて、「もうガーデニングはやめておこう」と思ってしまうかもしれませんね。

慣れていても、元気に植物が育てば楽しいですし、植物が弱ってきたり、茎や葉に害虫がびっしりとついたりすると、気持ちが沈んだりするので、諦めたくなるのも分かる気がします。

でも、せっかくガーデニングに興味を持って育て始めたのですから、植物を育てる楽しさをぜひ味わってもらいたいですね。

よく考えてみたら、「自分でもできそうだな」とか、「諦めることないな」と前向きな気持ちになれると思います。

ガーデニングを難しいと思ってしまう原因とその対策についてまとめてみました。

土の扱い、虫の問題、水やり、日当たり、剪定などの分野から、考えていきます。

土を触りたくない、部屋に入れたくない

土を扱いたくない、という理由で園芸をしないことにしている方も多いです。

置き場所がなかったり、植木鉢を倒してしまったときに土が飛び散って掃除が大変になる、ということもあるかもしれません。

土がカビたり、虫がでるという心配もあるかもしれませんね。

【できること】

そんな時は、土を使わないハイドロカルチャーや水栽培にしてみたり、土がなくても育てられるエアプランツを育ててみるなどの方法でもガーデニングを楽しめます。

また、土の表面に化粧石などを置くことで、部屋が土や砂で汚れにくいく育てることもできます。

土を使うとしても、小さな鉢から始めると扱いやすいと思います。

虫が苦手

植物を育てていると、色々な虫を見る可能性が高くなりますが、植物の種類や育て方によってほとんど虫を見ないで済むこともできると思います。

コバエやゴキブリなどの害虫

部屋に出てきてほしくないゴキブリが植木鉢の下に隠れてしまうこともあります。また、コバエが発生しやすくなることがあるので、有機肥料ではなく、化学肥料を使うようにするとコバエが発生しにくくなります。

【対策】

有機肥料を使うと、コバエやゴキブリなどが来やすくなるので、化学肥料を使うことで、虫が発生しにくくなります。

また、ブラックキャップなどのゴキブリ対策グッズを置くことも効果があります。

また、コバエは土の表面の有機物に卵を産むので、土の表面を無機質の化粧石や赤玉土、鹿沼土などで覆うことで予防ができます。

アブラムシやハダニなどの害虫の集団を見てしまった

アブラムシは直接的に人に害はないけれど、見た目で圧倒されやすいです。

すぐに増えるので、気がついたら葉や茎にびっしりアブラムシがいたりするかもしれませんね。

また、ごく小さなハダニも、葉をカサカサにして徐々に草花を弱らせてしまう困った害虫で、小さいため完全に駆除するのに苦労します。

ハダニやアブラムシは、できるだけ数が少ない早めに気が付いて駆除すると対策できます。

※ 関連記事

アブラムシがついてしまった時の対策
大切にしている植物の新芽や蕾(つぼみ)にアブラムシがいるのを見つけてしまった時、ショックですね。アブラムシがまだ少ないうちに対策すると、被害を少なくできます。 アブラムシは、新しい葉っぱや蕾などを好みます。栄養を吸って植物を弱らせたり、植物がかかるウイルスを媒介したりします。 こまめにチェックして、...
5月の小松菜とチンゲン菜はアブラムシがつきやすい
家庭菜園をして、自宅で収穫した野菜をたべれると楽しいですね。5月頃はちょうどアブラムシが活発な時期なので、小松菜やチンゲン菜などの葉物野菜を育てるのは難しくなってきます。 アブラムシを予防するコツも色々とあるかもしれませんが、ほかの時期にはそれほどアブラムシがつかないので、時期をずらして植えると良い...
マリーゴールドのハダニ対策
気温が高く乾燥しているなどの条件のとき、マリーゴールドにハダニが発生しやすくなります。 マリーゴールドにハダニがいると、葉の表面に白くて小さな斑点がつき、葉がカサカサに乾燥した感じになります。 ただ乾燥しているだけでなく白い斑点があったら、ハダニによる影響を疑った方が良いです。葉にできた白い斑点は、...

その他の害虫、益虫

ほかにもカメムシ、アゲハチョウの幼虫、ミツバチなどいろいろな虫が寄ってきてしまうことがあります。

放っておくのではなく、早めに対策すれば大丈夫です。受粉を助けてくれたりもするミツバチやチョウなどの虫もいます。

植物があると、虫が来てしまうこともありますが、1匹見た時点で何とかすると、大増殖などはしないので、それほど怖くないと思います。

※ 関連記事

キイロテントウとナミテントウがやって来た
朝、ベランダに出て水やりをしているとき、ハイビスカスの葉っぱの裏に黄色い虫がいるのを見つけました。 カメムシを見た後だったので、また別の害虫だと思ったのですが、虫の種類が分からず気になっていました。 とりあえず写真に収めてから、ベランダの外に逃しました。 2日後、てんとう虫を見つけて、模様から種類を...
アゲハチョウの幼虫を発見
柑橘系の植物には、アゲハチョウが卵を産んで、幼虫に葉っぱをかじられることがよくあります。 今年(2022年)より、柑橘系の鉢植えを育てているのですが、5月にアゲハチョウの幼虫を発見しました。 観察を始めてから11日間(5/10〜5/21)のうちに、みるみるうちに幼虫が大きくなってきました。 【5月1...
4月と5月にベランダに来た虫たち
ベランダで園芸をしていても、虫たちが来ることがあります。益虫もあれば、害虫もいます。 冬よりも、気温が上がってきた春から秋にかけて虫たちも活発になります。 ベランダだと、お庭や畑よりやって来る虫の数も種類も少ないと思います。 今回は、4月と5月に見た虫たちをまとめたいと思います。 アブラムシ 小松菜...

水やりの時間がない

植物は生きているので、水が必要です。

忙しい毎日の中で水やりをできるかが心配だと思うことがあるかもしれませんね。

水やりの適切なタイミングと量がわかってくると、植物は元気に育つので、水やりが大変なこともあるものの、楽しくなると思います。

水やりによく失敗する

水のやりすぎで根腐れしたり、水が足りなくて枯れたりすると、ちょっと自信がなくなってしまうこともあるかもしれませんね。

植物の特性に合わせたり、置き場所などを工夫することで、だれでも上手に水やりできるようになります。

季節によって、水やりの回数を変える必要があるので、土や葉の状態を見て水やりのタイミングが分かるようになると、失敗しにくくなっていくと思います。

※ 関連記事

水やりのポイント 上手にできると植物はよく育つ
冬になると、夏の時期よりも水やりの回数が少なくなってきます。 水やりを調整するには、季節に応じた植物や土の状態をよく観察していくことが大切です。水やりの仕方によって、植物の調子に大きな違いができます。 水はやらないと枯れますし、あげすぎても根腐れするので、適量があります。 「水やり3年」といって、水...
夏は水やりを多めにして枯らさない対策をしよう
7月になって、暑い日が増えました。よく伸びる植物は水をぐんぐんと吸って育つので、水が切れてしまいやすい季節です。 夏の場合、暑すぎてあっという間に土がカラカラに乾燥してしまうこともあり、枯れてしまうこともあります。 真夏の水枯れは、たった一日でも相当なダメージを与えたり枯らしてしまうこともあるので、...

枯らしたことがある

さまざまな原因で植物が枯れることがあります。

お世話をしなくなって徐々に枯れることもあれば、寒さや直射日光に当たって1日のうちに傷んでしまうこともあります。

初心者向けだから大丈夫、枯らす方が難しいよ、などと言われた植物を枯らしてしまうと、自信をなくしてしまうかもしれませんね。

日当たりなどの環境に合わない場合もありますし、弱ってしまうと回復させるのが難しい場合もあります。

ちょっとしたコツや工夫で元気に育てられたりするので、思い当たることがあればちょっと変えてみたり、育て方を調べて試してみると上手くいくことが多いですよ。

家の日当たりが悪くて育たない

植物によって、強い日光が好きな種類もあれば、やさしい光を好む植物もあります。

部屋やベランダの環境に合わせた植物を選ぶと、うまく育ちやすいです。

耐陰性が強い植物を選ぶようにします。

ポトスやアイビーなどは、光が強くない場所でも育てやすいです。

※ 関連記事

観葉植物をベランダに置くときに気をつけること
観葉植物は、基本的に日当たりの良い室内で育てることが多いですが、気温や日差しなどに気をつければベランダに置いても大丈夫な植物もあります。 日光を好む植物であれば、ベランダで日差しを浴びてますます元気になることもあります。ただし、真夏に急に直射日光を当てると葉焼けして一気にしおれてしまうこともあるので...

茂り過ぎて困った、物を増やしたくない

上手に育つと、大きくなったり、株分けなどで増えたりしていきます。

育ちすぎたら剪定して切り戻したりして、大きさを調整したりできます。せっかく育った枝や葉を切りづらく感じたりすると、伸び放題になって、まとまりがなくなったりします。

伸びた部分を剪定したり、増えすぎたら適度に減らすことができると、園芸が長続きすると思います。

まず最初の3か月から半年くらいは、大きく育てることを目標にして、伸びるのが早い植物などは、剪定のコツを早めにつかむと良いと思います。

※ 関連記事

ミニバラの冬剪定の方法
ミニバラの栽培を始めて初めての冬を迎える前に、冬剪定をしてみました。 一般的なバラは、春から秋にかけて花を咲かせ、冬には落葉します。 冬の時期は植え替えなどで根が切れたりしそうな作業や、剪定などをしても傷みにくい時期です。 わが家では、ミニバラのプリンセス・オブ・インフィニティ、グリーンアイス、スイ...
オリーブの夏剪定(2023年)
オリーブの枝が伸びてきたので、剪定することにしました。今年は、ミッションという品種がよく伸びました。 ネバディロ・ブランコは、今年花をたくさん咲かせてくれたせいか、昨年よりも伸びはゆっくりです。これから秋にかけてもまた伸びると思うので、今後また様子が変わるかもしれません。 今回は、ミッションのみ剪定...

まとめ

ガーデニングをしていると、マンションやアパートのベランダでもアブラムシやハダニが来たり、ときには水が足りなくてしおれたり、植物の調子が悪くなってしまうこともあります。

早めに対処するとまた元気になることが多いので、すぐにあきらめないで様子を見てみると、意外と植物の回復力や強さを知れると思います。

水やりは、シンプルなお世話なのですが、意外と奥が深いです。植物を置く場所の日当たりや風通しなどによって生育のしやすさがかなり変わったりしますので、置き場所や置く植物の種類や配置を変えてみるだけで育ちが良くなることもあるかもしれませんね。

ちょっとしたことで苦手を克服できるかもしれないので、以前失敗したことがある人でも、また気になる植物があったら育ててみてほしいです。

※ 関連記事

長く育てるための園芸スキル
鉢植えを何年も元気に育てるには、水やりだけでなく、肥料や植え替えや剪定などのお世話が必要になります。 上手にお世話できると、室内にある観葉植物だけでなく、ベランダの多年草や樹木なども、何年も育てることができます。 今回は、長く育てるための園芸スキルについて書きたいと思います。 置き場所を選ぶ 植物に...

コメント

タイトルとURLをコピーしました