スポンサーリンク
草花

ガーデンシクラメンの夏越し(ドライ法)の記録

ガーデンシクラメンは、ミニシクラメンという別名もあり、シクラメンよりも小ぶりで耐寒性のある品種です。冬でも屋外の庭やベランダで育てられ、きれいな花を咲かせます。 上手に夏越しできると翌年にも花を咲かせることができます。 夏越しをドライ法にすると、夏の間は葉が全部枯れて球根のみになってしまいますが、上...
草花

キイロテントウとナミテントウがやって来た

朝、ベランダに出て水やりをしているとき、ハイビスカスの葉っぱの裏に黄色い虫がいるのを見つけました。 カメムシを見た後だったので、また別の害虫だと思ったのですが、虫の種類が分からず気になっていました。 とりあえず写真に収めてから、ベランダの外に逃しました。 2日後、てんとう虫を見つけて、模様から種類を...
草花

アブラムシがついてしまった時の対策

大切にしている植物の新芽や蕾(つぼみ)にアブラムシがいるのを見つけてしまった時、ショックですね。アブラムシがまだ少ないうちに対策すると、被害を少なくできます。 アブラムシは、新しい葉っぱや蕾などを好みます。栄養を吸って植物を弱らせたり、植物がかかるウイルスを媒介したりします。 こまめにチェックして、...
観葉植物

アイビーに液肥をあげたら葉のツヤが良くなった

アイビーの苗を植え替えて2週間ほど経ってから液肥をあげたら、新しい葉っぱがすごくツヤツヤになりました。 新しい葉っぱは、たいていツヤツヤしているものですが、肥料を与えたあとは、さらにツヤが増していました。 下の写真を撮影する2日前に、液体肥料(ハイポネックス)を2,000倍に希釈して1回水やりのよう...
草花

マリーゴールドの苗は植え替えた方が元気に育つ

マリーゴールドの苗を買ったら、苗ポットのままにせず、鉢に植え替えた方が大きく元気に育ちます。 マリーゴールドは、冬には枯れてしまう一年草ですが、秋まで花をつけて、わりと長い期間栽培を楽しむことができますよ。 今年の8月初旬に買った苗は、最初はしおれかけていましたが、植え替えて、肥料を与えたら、1.5...
草花

8月のハイビスカスの様子と開花数

ハイビスカスは、南国のイメージがありますが、30℃を超える暑さになると、花の数が減ると言われています。 7月にハイビスカスを購入してから、約10日間で6輪の花を咲かせました。 7月末に、ひと回り大きな鉢に植え替えたのですが、葉っぱが黄色くなってきたので、8月の状態が気になるところです。 8月になって...
草花

ハイビスカスの肥料の与え方

ハイビスカスの生育の旺盛な時期(4月〜10月)には、肥料を与えると花をよく咲かせます。また、花や葉の色やツヤも良くなります。 ハイビスカスは肥料を好むので、液体肥料(液肥)と固形肥料の両方とも使います。 固形肥料は、花や野菜用の細かい粒状の肥料を使います。 ホームセンターの園芸コーナーでも、購入でき...
草花

7月のハイビスカスのお手入れと開花数

ハイビスカスの花は、夏の時期は1日でしおれてしまいますが、上手にお世話できれば、次々と新しい花を咲かせます。 一般に、開花時期は5月〜10月です。 南国で咲く花ですが、真夏は暑すぎるために花が咲きにくくなり、少し涼しくなってくる秋頃のほうがたくさん咲くことが多いです。直射日光には強く、日の当たるとこ...
草花

ハイビスカスの育て方

ハイビスカスの花は、沖縄やハワイなど南国のリゾート地によく咲いていますね。 色鮮やかで大きな花が特徴で、とても華やかです。 園芸店へ7月に行ったとき、ハイビスカスの苗が並んでいました。5月頃から園芸店で入手しやすくなっています。 一般に、ハイビスカスの開花時期が5月〜10月なので、春の終わりから秋が...
スポンサーリンク