レモンユーカリ1年目の冬越しと剪定

レモンユーカリ ハーブ・果樹
レモンユーカリ

冬越し後のレモンユーカリは、春になって脇芽が出てきました。

3月頃からいろんなところから芽吹き始めたので、芽吹く力が強いと感じました。

一回目は、ひょろひょろと細く伸びすぎている幹の先端を少し切り戻し、2回目は、少し経ってから多すぎる脇芽を減らしました。

5月になって、新しい葉が出てきているので、今年の生長も楽しみです。

レモンユーカリの基本情報

レモンユーカリ

学名: Eucalyptus citriodora

科名: フトモモ科

属名: ユーカリ属

原産地: オーストラリア

種類:  常緑高木

寒いと紅葉して葉が少なくなる

冬の間に、寒さで紅葉して葉が落ちたりしますが、3月頃になると新しい葉が次々と出てきます。

常緑樹ですが、特に屋外で寒いと葉が赤くなり、葉が落ちることがあります。室内に移動させると、緑色の葉を残したまま冬越しできます。

1月26日

レモンユーカリ
レモンユーカリ(2022年1月26日)

室内に移動させたので、1月でもかなり緑色の葉を残しています。

3月は寒暖差があって、温かい時に外に出したままにしていたため、夜の寒さで葉が赤くなってしまいました。

暑い地域の植物ですが、意外と耐寒性もあると思います。耐寒温度0℃とも言われています。寒くてもわりと枯れませんが、緑色の葉を多く残したいときには、室内での冬越しがおすすめです。

3月2日

レモンユーカリ
レモンユーカリ(2022年3月2日)

葉が少なくなっても、3月には無事に新しい脇芽や新芽が出てきたので、寒さで多少葉が落ちても簡単には枯れないと思います。

3月の植え替えと剪定

春のレモンユーカリの剪定は、3月と5月の2回しました。

芽吹く力が強い3月頃が、剪定に一番向いている時期だと思います。

3月8日

レモンユーカリ
レモンユーカリ(2022年3月8日)

赤くなった葉を取り、3本のうち真ん中の木を少し切り戻して短くしました。

また、ひと回り大きな鉢(6号)に植え替えました。

植え替えの時に、根元を見たら、太くなっていて、新しい芽がいくつも出てきそうな感じになっていました。

レモンユーカリ
レモンユーカリ(2022年3月8日)

根元の塊の部分は土がかぶるようにして植え替えました。その後、この根元付近ではないところの脇芽がたくさん出てきました。木を大きく切り戻したら、このような根元の芽から新しい枝が伸びていくと思います。

5月の剪定

5月になると、新しい葉も増えてきました。

脇芽が増えすぎたところを減らす剪定をしました。

レモンユーカリ
レモンユーカリ(2022年5月4日)

こんなに何本も枝は必要ないので、枝を付け根のところから切って剪定しました。

レモンユーカリ
レモンユーカリ(2022年5月4日)

剪定後、地面に近い部分がスッキリして風通しが良くなりました。一番右はひょろっと長いのですが、もう少し背を高くして、途中で脇芽が出てくるか様子を見ようと思います。

切った葉は、入浴剤としてお風呂に入れたらとてもいい香りがしました。

レモンユーカリの肥料

レモンユーカリは、大きくなり過ぎる傾向にあるので、肥料は控えめのほうが育てやすいと思います。

鉢植えの場合、栄養が不足することがあるので、多少の肥料はあるといいです。

草花用の肥料を少なめに与えたら、元気な葉っぱが出てきました。

肥料をあげるとしたら、少なめから与えて様子を見るのがおすすめです。

(関連記事:ガーデニング用品は必要に応じてそろえると便利

まとめ

レモンユーカリは、意外と強く、無事に冬越しできてほっとしました。

良い香りがするので、今年も元気に育てていきたいと思います。

関連記事

レモンユーカリの育て方
レモンユーカリはユーカリの仲間で、オーストリア原産のフトモモ科の植物です。レモンユーカリは、木ですが、葉っぱからレモンのような香りがするので、園芸店のハーブ類の近くに苗が並んでいることもあります。このレモンのような香りは、虫除けになるということで、アロマを使った虫除けスプレーなどに...
ガーデニングにおすすめのハーブ
料理やアロマに使えるハーブを栽培してみると、新鮮なハーブの香りも楽しめるところがいいですね。ハーブの仲間は、育てやすいものも多いですし、少量でも香りを楽しむことができるので、ガーデニングをこれから始める人にも向いていると思います。初めて育てたハーブは、バジルの苗でしたが、すぐに料理...

コメント

タイトルとURLをコピーしました