ペンタスの育て方

ペンタス ペンタス
ペンタス

ペンタスは、夏の時期にもきれいな花を咲かせてくれます。花もちが良く、丈夫で育てやすいです。ペンタスの苗は比較的入手しやすく、価格もお手頃なので、夏の庭やベランダに明るい色の花を置きたいときにおすすめです。

花の時期は春から秋までと長く、花が終わっても、次のつぼみが出てきて、次々と咲いていきます。

ペンタスは、冬は室内に入れることで冬越しができます。

冬越し中は、伸び方がゆっくりでしたが、春になって気温が上がるにつれて、生長が早くなります。

ペンタスの基本情報

ペンタス

学名: Pentas lanceolata

英名: Star cluster

和名: クササンタンカ

科名: アカネ科

属名: ペンタス属

原産地: 熱帯アフリカ東部〜アラビア半島

開花期: 5月〜10月頃

花色: ピンク、白、紫、赤

ペンタスの育て方

苗を購入して、植木鉢に植え替えます。ペンタスの苗は、園芸店で比較的入手しやすいです。草花用の園芸培養土で育ちます。

水のやりすぎで根腐れすることがあるので、土の表面が乾いたら水やりします。夏には、基本的に毎日水をやります。気温が高い時期には、出来るだけ午前中や夕方などの時間帯に水やりをします。

受け皿に水を貯めておかないようにします。

花が咲き終わったら、花がらをとり、ひとかたまり全体が咲き終わったら、切り戻して、種に栄養を取られないようにします。

肥料は、草花用の園芸固形肥料を1〜2ヶ月ごとにあげたり、薄めた液体肥料を規定量の範囲内であげたりすると、花つきや花の色が良くなります。

日なたでも葉焼けはしにくいですが、様子を見て遮光したり、半日陰に移動させることもできます。

冬越しの方法

寒いと、葉が傷んで枯れてしまうので、室内に入れて冬越しします。できるだけ日当たりの良い場所に置きます。

室内でもゆっくりと生長するので、花が咲くこともあります。

3月28日

ペンタス
ペンタス(2022年3月23日)

春先に、ベランダに出すとき、日中と夜間の気温差が激しくて、夜の寒さで葉が傷むことがあるので、注意が必要です。

この写真の場合、葉がしおれたのは、日光による葉焼けではなく、寒さで傷んだ可能性が高いです。この程度であれば、しおれた葉を取り、夜間は室内に入れて様子を見るとまた新しい葉が出てきます。

3月8日

ペンタス
ペンタス(2022年3月8日)

はじめのうちは、夜間は室内に戻すようにした方が安心です。

4月を過ぎてくるころには、ベランダに出したままでも大丈夫になってきます。ひと回り大きな鉢に植え替えます。

4月のペンタス

ペンタス
ペンタス(2022年4月3日)

剪定と切り戻し

花が終わったら、咲き終わった部分のひとまとまりの部分を切り戻すと、下の節から脇芽が出てきて、新しい花を咲かせます。

切り戻しを繰り返していると、脇芽が多くなりすぎることがあるので、そのときには、混み合っている芽を剪定します。

また、高さを調節するために切り戻すこともできます。

程よく切り戻したり剪定することで、花を長く楽しめます。

まとめ

ペンタスは、小さな花がまとまって咲くので、華やかです。花が咲いている日数も長いので、ベランダが華やかになります。

冬時期には、室内の日当たりの良いところに置くと、冬越しできます。冬の間は落葉はしないものの花がない期間があるので、物足りなく感じるかもしれませんが、4月以降になって気温が上がってくると、また葉やつぼみがぐんぐん生長していくので、育てがいがあると思います。

ひと回り大きくなるので、花が咲いたときのボリュームも増しますね。

ペンタスは比較的育てやすくておすすめです。

ベランダ栽培の関連記事

ベランダで育てるのにおすすめな植物
ベランダで育てやすいのは、一般的に、日当たりの良いところを好む植物や、耐寒性のある植物が向いていると思います。耐寒性があまりない多年性の植物でも、冬期は室内に移動させることで冬越しできるものもあります。住んでいる地域の気候にもよりますが、かなりたくさんの種類の植物をベランダ栽培する...

コメント

タイトルとURLをコピーしました