オリヅルランの花が開花しました

オリヅルラン 観葉植物
オリヅルラン

観葉植物は、葉のグリーンを楽しむ場合が多いですが、オリヅルランは順調に育つと花が咲きます。

株の中心からランナーが出てきて、その先に小さな白い花が咲きます。その後、子株ができるので、そのまま子株をつけたまま育てたり、切り離して植えて増やすこともできます。

今回は、オリヅルランの花と子株について書きたいと思います。

オリヅルランの基本情報

学名: Chlorophytum comosum

和名: オリヅルラン(折鶴蘭)

科名: キジカクシ科

属名: オリヅルラン属

原産: 南アフリカ

形態: 多年草

オリヅルランの開花時期

オリヅルランの開花時期は、春〜秋にかけてと言われていますが、わが家では9月後半になってランナーが出てきました。

思い返すと、ちょうど一年前の今頃にオリヅルランを購入してきたとき、ランナーが出ていました。

昨年は、鉢を移動させる時にランナーを傷つけてしまって、うまく子株をつけることができませんでした。

それからちょうど一年後に、花をつけたことになります。

【2022年9月17日】

なかなか花が咲かないな、と思っていたら、ある日見るとランナーがしっかり出ていました。

オリヅルラン
オリヅルラン

【2022年9月20日】

ランナーは一気に出てきて、伸びるのが早いです。あっという間に伸びていきます。

オリヅルラン
オリヅルラン

ランナーが出てから、花のつぼみが大きくなり、花が咲くまではわりと時間がかかり、1週間してやっと一つ一つのつぼみがしっかりついてきました。

【2022年10月3日】

白くて小さなきれいな花が咲きました。

オリヅルラン
オリヅルラン

オリヅルランの育てやすさ

乾燥に強く、耐陰性もあるので、丈夫で育てやすいです。

急な直射日光で葉焼けしたり、水切れによって枯れたり、水のやりすぎで根腐れすることもあるので、置き場所や水やりの方法が適切だとよく育ちます。

1〜2年ごとに植え替えをしないと、根詰まりをしてしまうことがあります。

オリヅルランの根の関連記事

オリヅルランの根は思っていたより太い
オリヅルランの植え替えをしたとき、鉢から抜いてみたら根が想像以上に太くて驚きました。根にしっかり水分を蓄えて、乾燥にも耐えられるようになっています。逆に、水をやりすぎると根腐れしやすいようです。購入してから最初の植え替えのとき、オリヅルランの根を見てみたら、怖いくらい根がぎっしりで...

オリヅルランの子株を植えて増やせる

【2022年11月26日】

オリヅルラン
オリヅルラン

ランナーについている子株の葉が8〜10枚くらいになったら、ランナーを切って子株を鉢に植えたり、水栽培にして増やすことができます。

子株は、親株のオリヅルランをそのまま小さくしたミニチュア版のような感じでかわいいです。

しばらくの間、ランナーに子株をつけたまま育てて、子株がある程度大きくなってから切り離したほうが失敗しにくいです。

子株が大きくなってくると、根になる部分が出てきます。

オリヅルラン
オリヅルラン

水につけると、根が早い勢いで伸びていきます。

【2022年11月26日】

子株を水につけてから約1週間後の様子です。しっかり根が伸びてきています。

オリヅルラン
オリヅルラン

ランナーから切り離して水栽培で育てることもできますし、土に植えて、オリヅルランを増やすこともできます。

まとめ

オリヅルランを購入してから1年経ってようやく花が咲きました。

ランナーが出て子株がついている様子がオリヅルのようなので、オリヅルランと呼ばれるようになった名前の由来になっているので、花が咲いて嬉しいです。

関連記事

育てやすくておすすめの観葉植物
何か植物を育ててみたいとき、観葉植物はおすすめです。花や野菜よりもわりと手間がかからないことが多いです。育てやすさは、温度や日当たり、風通しなど住んでいる部屋の環境にも左右されますし、育てやすいという感覚は人によって違ってくるので、参考程度にしていただければと思います。また...
観葉植物をベランダに置くときに気をつけること
観葉植物は、基本的に日当たりの良い室内で育てることが多いですが、気温や日差しなどに気をつければベランダに置いても大丈夫な植物もあります。日光を好む植物であれば、ベランダで日差しを浴びてますます元気になることもあります。ただし、真夏に急に直射日光を当てると葉焼けして一気にしおれてしまうことも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました