スポンサーリンク
草花

7月にベランダで咲いた花

7月になって、植物が一段と大きくなってきました。そろそろ、夏の花が咲いてきています。四季咲きのミニバラは、7月始めに花を咲かせましたが、そろそろつぼみもなくなり、夏越しに備える時期になってきています。 真夏の猛暑になると花が少なくなったりするので、6月〜7月前半の時期の方が花がつきやすいです...
2022.09.13
観葉植物

フィカス・リラータ・バンビーノ(カシワバゴムノキ)の成長記録

カシワバゴムノキという呼び名で知られている、フィカス・リラータは、柏(かしわ)の葉っぱに似ているのが特徴です。 英語名(fiddle-leaf fig)の由来からも想像すると、葉はバイオリンの形にも似ています。 どちらというと海外で人気が高いようですが、日本でも観葉植物のコーナーで見か...
草花

暑さでガーデンシクラメンの古い葉が一気に黄色くなる

夏越しを控えたガーデンシクラメンは、急な暑さで古くなった葉が黄色くなりました。 昨年の秋から冬に出てきた葉が黄色になり、最近出てきた葉っぱは、まだ緑色で元気にしています。 昨年、初めての夏越しは、何となくベランダの端に置いていたら成功したので、どのように葉っぱが少なくなったのか覚えてい...
観葉植物

観葉植物をベランダに置くときに気をつけること

観葉植物は、基本的に日当たりの良い室内で育てることが多いですが、気温や日差しなどに気をつければベランダに置いても大丈夫な植物もあります。 日光を好む植物であれば、ベランダで日差しを浴びてますます元気になることもあります。ただし、真夏に急に直射日光を当てると葉焼けして一気にしおれてしまうことも...
ハーブ・果樹

ラベンダーの苗の育て方のポイント

ラベンダーは、とても良い香りがして、ハーブに詳しくない人でも知っていることが多い植物ですね。ハーブの女王とも言われています。 5月のゴールデンウィークの頃、ホームセンターにはつぼみがついたラベンダーの苗が並んでいました。 まだ小さなつぼみがついている状態でしたが、ほのかにラベンダーの香...
2022.08.15
ハーブ・果樹

育ててみたことのある植物の一覧

これまでに自宅で育てたことのある植物をまとめてみました。 だんだんと色んな植物を育ててみたくなって、種類が増えていました。 途中まで栽培して失敗してしまったものも含めて、2022年8月現在までに50種類の植物を育ててみたことがあります。 また、挿し木に成功して増やしたことのある植...
2022.09.10
草花

6月のガーデンシクラメンは葉っぱのみ

ガーデンシクラメンの花は5月で終わり、6月はいよいよ葉っぱだけになりました。今のところ、新しい葉も出ていて、元気は良いです。 これから暑くなってきて葉が枯れてきたら、水やりをストップさせてドライ法で夏越するか、あるいは葉っぱを残したまま夏越しできるか、気になるところです。 昨年はドライ...
2022.07.03
ハーブ・果樹

6月にベランダで咲いた花

6月は、観葉植物の生育が元気になって、剪定や植え替えに向いている時期です。 ベランダで栽培している植物たちも、元気に育っています。ミニトマトの花も咲いたので、6月中に実が収穫できるか楽しみです。 春の花は5月頃に終わり、6月になってくると初夏の花が咲き始めてきました。 ミニトマト...
2022.09.13
ハーブ・果樹

アゲハチョウの幼虫の蛹化の成功と失敗

アゲハチョウの幼虫が蛹(さなぎ)になることを蛹化(ようか)と言います。 実は、イモムシからさなぎになるのは、かなり大きな変化です。 イモムシからさなぎになるのは、さなぎからチョウになるくらいの難しさがあるかもしれません。 ベランダにある柑橘系の木に二匹の幼虫がいましたが、一匹は蛹...
草花

ガーデニング用品は必要に応じてそろえると便利

植物を育てていくと、道具が必要になってくるかもしれませんね。 最初は、家にあるグラスに入れたりして、いろいろグッズを揃えなくても植物を楽しむことができますが、慣れてくると、土を使って鉢植えにしたり、肥料などもあげたりしたほうが、元気に育ってお手入れが楽しくなります。 植物の種類や大きさ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました